2010年03月31日

小1暴行死、罪名を傷害致死罪に…地検が変更請求(読売新聞)

 東京都江戸川区のアパートで小学1年生の岡本海渡(かいと)君(7)が両親から暴行を受けた後に死亡した事件で、東京地検は25日、傷害罪で起訴していた継父で電気工岡本健二(31)、母親の千草(23)両被告について、罪名を傷害致死罪に変更するよう東京地裁に請求をした。

 同地裁が変更を許可すれば、裁判員裁判で審理される。

 同地検は2月12日、両被告の暴行と海渡君の死亡との間の明確な因果関係が裏付けられないとして、両被告を傷害罪で起訴。その後も捜査を継続し、医師など専門家の意見を聞く中で、因果関係が立証できると判断した。

 起訴状では、両被告は1月23日、自宅で多数回にわたって海渡君の頭を殴るなどして嘔吐(おうと)させた。海渡君は嘔吐物を誤ってのみ込んだことで肺炎になり、翌日死亡したとしている。

<福知山線事故>JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審(毎日新聞)
国民新党が参院選で作曲家の敏いとう氏を擁立(産経新聞)
コメ農家の申請、4月1日開始=赤字分を直接支払い−戸別所得補償(時事通信)
郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)
<2歳児死亡>母親と同居男を傷害容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
posted by カガヤ ハツオ at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)

 満開の桜が、目の高さで波のように何重にも横に広がり、花の海に埋もれながら、五重の塔や伽藍(がらん)を眺められる。京都市右京区の仁和寺境内に咲く名勝、御室桜(おむろざくら)は、全国でも珍しい低木の桜を目近にめでるぜいたくな花見だ。

 古くから桜の名所として知られ、江戸中期の俳人、春泥舎は「仁和寺や あしもとよりぞ 花の雲」と詠んだ。

 この桜は「御室有明(おむろありあけ)」と呼ばれる遅咲きの品種で、「八重」のほか「一重」の花もつく。樹高が2〜3メートルと低いのが特徴だ。

 ところが、最近になってめっきり樹勢が衰えはじめた。仁和寺では、元の桜から伸びた枝(萌芽枝)を接ぎ木し、次世代の苗をつくり、移植する。同じ美しい花を咲かせるには、遺伝子が変化しないように同じ細胞を増殖させる伝統のクローン技術を使う。

 それでも御室桜は360年を超える歳月を経ており、活発な苗が得られるか、不安が残った。

 そこで、仁和寺が庭園管理をしている住友林業に相談して、若返りの秘策として採用したのが「茎頂培養」というクローン苗づくりだ。新芽の先にある増殖力旺盛な若い組織(茎頂)を試験管内で培養して苗に成長させる。無菌状態なので病気にもならず、培養液を入れ替えることで保存も利く。

 ランなど付加価値の高い草花では行われている方法だが、樹木では経済効率の上から建材や製紙に使う材料が主な対象だ。それでも、同社は、ラワン材の組織培養の実績を生かし、京都・醍醐寺のシダレザクラなど名所の桜の茎頂培養にも成功していた。御室桜については平成19年から、千葉大学との共同プロジェクトを組み、ことしになって苗木ができあがった。境内に植えられるのは、2、3年後になるが、それまでにDNAや土壌の性質も調べる。低木なのは本来の遺伝的な性質か、土壌が粘土質で貧栄養なため成長が遅いせいか−など御室桜の長年の謎が明らかにされる。

 仁和寺では「温暖化の影響か、遅咲きの桜なのに開花時期が早くなっています。新たなバイオ技術の導入でできた苗が、美しい環境をつくるシンボルになればいい」と期待を込める。日本人がこよなく愛する桜の花はそれだけの力があるのは確かだ。

 こうした桜のバイオ技術では、日本製紙が、挿し穂を光合成のしやすい環境におくことで発根を促す方法を開発した。国立遺伝学研究所(静岡県)にある260種の桜の遺伝子源の保存などに導入されている。

 満開の状況を作り出すことについては、花咲かホルモン「フロリゲン」を発見した奈良先端科学技術大学院大学の島本功バイオサイエンス研究科教授は「桜は、花芽が開花の前年の夏に着くので、その時期に処理すれば、効果があるはず」と推測する。今後、花暦が少し変わるかもしれない。

 全国を席巻しているソメイヨシノは、もともと江戸末期に東京の植木屋が作り出した交雑種といわれる。美しく咲き誇る姿が気に入られ、接ぎ木など当時のバイオ技術が駆使されて広まった。クローンであるがゆえに、一斉に咲いて散る。寿命についても、60年など短命説が出ている。

 「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛)

 桜は日本人の死生観などに大きな影響を与えてきた。バイオ桜を楽しみながら、地球温暖化や生物多様性について思いをはせてもいいのではないか。

【関連記事】
東京で桜が開花 平年より6日早く
大阪で桜が開花  観測史上2番目の早さ
春分の日 季節の変化に心向けたい
風流を愛でるマジック 室町時代にも数学が
ウェザーニューズ、桜吹雪の頃を予想する「桜吹雪メール」
20年後、日本はありますか?

接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
DV夫をパトカー20台とヘリで追跡・逮捕(読売新聞)
マピオン、全国約7,200件の動物病院の口コミや詳細情報を提供開始〜 最大級の口コミ動物病院検索サイトPet@QLifeとデータ連係 〜
<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
posted by カガヤ ハツオ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)

 大木英夫さん66歳(おおき・ひでお<本名・佐藤政穐=さとう・まさあき>歌手)25日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は27日午前10時、東京都杉並区高円寺南2の2の2のコムウェルホール高円寺。喪主は妻弘子(ひろこ)さん。

 68年に津山洋子さんと「新宿そだち」を、72年には二宮善子さんと「あなたまかせの夜だから」をデュエットで歌った。

<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
<シー・シェパード>監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
横路衆院議長、左足骨折し入院(読売新聞)
小沢氏会見要旨(産経新聞)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
posted by カガヤ ハツオ at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。