2010年04月13日

都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で−アレフ(時事通信)

 オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は9日、東京都内で記者会見し、警視庁が国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件に教団信者が関与したとの捜査結果概要を公表したことについて、都公安委員会に苦情の申し出をしたことを明らかにした。
 荒木部長によると、アレフは先月31日、ホームページから捜査結果概要を削除するよう警視庁に要請したが、断られたため、警察法に基づき申出書を提出した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

高松塚古墳 飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
<東広島市長選>蔵田氏が無投票で再選 広島(毎日新聞)
カラスの巣で2700世帯停電 材料の針金が原因(産経新聞)
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕−千葉(時事通信)
練習船、咸臨丸航跡追い“海”横断(産経新聞)
posted by カガヤ ハツオ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。